乃木坂46 いつの日にか、あの歌を 歌詞

乃木坂46 いつの日にか、あの歌を 歌詞

まだここにも 来てないあの頃
‏遠くから憧れてた日々
‏触れてはいけないような清らかなものを
‏そこに そこに 見つけてしまった
‏聴くだけでは美しいけれど
‏涙が溢れて止まらない
‏歌詞やそのメロディーは
‏心を揺さぶって
‏だめだ だめだ

‏今の自分には歌えない
‏喜びもほんの小さな胸の痛みも
‏言葉にはならない叫びさえ残ってる
‏ねえ、どうしてこんなに苦しいリアルな話を
‏歌えたのでしょう?
‏そこまでそこまで
‏成長したい

‏いつの日にか私たちが
‏あの歌を歌える日まで
‏誰もが知るその重さを
‏逃げているわけじゃないけど
‏いつの日にか、胸を張って
‏歌わせて貰える日まで
‏ここでずっと声を出さず
‏思い込め願い続けているよ
‏そんな大切な
‏バトンがあること
‏先輩の歴史
‏誇りに思ってる
‏そう誰もが触れてはいけない
‏尊いものって存在するけど

‏だから憧れとして何度も覗いてみた
‏無理龙 無理龙
‏私じゃ力が及ばない
‏その時の両じ心境になれるかなんて
‏まだ絶対そこまでの域に達してない
‏でもそんなに急がなくていい
‏もっと努力をして認められなきゃ

‏何かを何かを
‏掴んでみたい
‏いつの日にか私たちが
‏あの歌を歌える日まで
‏誰もが知るその重さを
‏逃げているわけじゃないけど
‏いつの日にか胸を張って
‏歌わせて貰える日まで
‏ここでずっと声を出さず
‏思い込め願い続けているよ
‏近づけない
‏それが永遠の
‏テーマだと思う
‏自分たちのものに
‏できるのでしょうか

‏そんな大切な
‏バトンがあること
‏先輩の歴史
‏誇りに思ってる
‏立ち止まることは決して悪いことではない
‏止まることは、
‏また動き出すためのアクションだから
‏踊れ踊れ
‏止まっているわたし
‏止まれ止まれ
‏明日、舞うために
‏いつの日にか、あの歌を・・

close