由薫 星月夜 歌詞

由薫 星月夜 歌詞

子供の頃見上げた
夜の空に思った
あの一つ一つに誰かの願いがこもっている
その一つがあなたで
すぐ隣で笑ってて
ねえ時を止めれるなら
この1秒を切り取って

星降る夜に
ただあなたに会いたい
あなたの名前を祈るようにそっと
何度も
抱きしめているよ
抱きしめているよ

もう私も大人ね
変わったこと、変わらないこと
止まらない時計の針が
冷たく胸を刻んだ
でもあなたに出会って
日々の眩しさを知って
まだ少しこわいけど
今踏み出せる気がしてるよ

星降る夜に
会いたいが積もるばかり
あなたの名前を祈るようにそっと
何度も
抱きしめているよ
高鳴る鼓動が
体を追い越していく
私の名前を特別にしてくれたの
今はただ
抱きしめてたいの
いつも想ってるよ

悴んだ手にぬくもり
目を閉じて、その先へ

星降る夜に
ただあなたに会いたい
あなたの名前を祈るようにそっと
何度も
抱きしめているよ
高鳴る鼓動で
裸足のまま駆けていく
私の名前を特別にしてくれたの
あなたが
照らし続けてる
星降る夜に

由薫 星月夜
close