Half time Old 灯火 歌詞

Half time Old 灯火 歌詞

揺らいでいる
あの日に滾った情熱
意味を失ったかい
消えゆく灯の様

今まさに
勝敗を別つ瞬間
稲妻は光ったよ
遥か遠い空で

挫折に呑まれて夢半ば失意の闇
終わりを決めるのは誰かではないみたい
見た目や温度の違いじゃない
温もりと灯りの色が重なって今連なった
何だってできる訳じゃないけど

可能性をまだ探している
できない言い訳をしたくはない
いつもそうやってそうやって
挑む側でいたいから

すぐ傍で共に灯るひと
乗り越えるべき風が見えるだろう
それは酸素と言う名の覚悟だ
より高くまで届きうるのは
独りでは無いからだろう

信じたいものだけ信じ抜けることなんて
特別な奴らの特権だと思う
でも一人信じてなきゃいけないな
誰よりも近くで誰より分かる

いつか認められる場所に出会うはずだ
役目を決めるのは誰かではないみたい
決して全てに恵まれた訳じゃないが
顔を上げれば狂おしい程に愛すべき
それぞれのできることがあるから

ひとは居場所を作っていて
足りない隙間を埋め合っていく
僕らそうやって繋がって
分かり合っていくんだね
あなたの為に優しくいたい
伝わる気持ちの限界値を
超えて灰となり消えようとも
やがて空まで届きうるのは
これまでが有るからだろう

嗤われない為努力を止めてしまうな
波風立たずとも健康じゃないみたい
望んだ場所が君を拒むこともあるが
言い訳にしない
散々吹いた上等な風
今しかできないこともあるから

思い悩む程情熱は
冷たく僕らを蝕んでいく
だからそうやって気になって
忌み嫌ってしまうけど
大切と呼べる人がいて
熱量を増す場所を知っている
それが核であり原動力で
唯一消えずに灯せてるのは
気づいているからだろう

Half time Old 灯火 歌詞
close