KANA-BOON 夕暮れ 歌詞

KANA-BOON 夕暮れ 歌詞

ドキドキドキドキするような想いを抱いて
それを何百回 何千回と越えて
そうだ 期待して肥大して いつの間にか忘れられなくなってさ
そうだ そうだ

オレンジの中 夕暮れの中で 悪くはないなって思っていたんだ
オレンジの中 コンビニの前で 悪くはないなって思っていたんだ

何故か僕ら笑ってさよならしてるんだ
そんなもんさ

ドキドキドキドキするような想いを抱いて
それを何百回 何千回と越えて
そうだ 期待して肥大して いつの間にか忘れられなくなってさ
そうだ そうだ

あぁ きっと忘れちゃうよ なんでもかんでも それでも
どうしようもない退屈も どうしようもない不安も
頭の中こびりついて離れてくれないんだ

君の色 あの日の夕暮れみたくオレンジで
影がひとつ 伸びた

ドキドキドキドキするような想いを抱いて
それを何百回 何千回と越えて
そうだ 期待して肥大して いつの間にか忘れられなくなってさ
そうだ そうだ

ばいばい 君の手 こうやって何度も こうやって何度も 強く握り返して
笑ってよ 笑ってよ

close